2004年06月21日

探究の好条件

本日は、もっとも昼の長い日「夏至」。
梅雨本番、蒸し暑い日々のさなか。

暑さにもいろんな種類があって、今、京都にいらっしゃれば「気の滅入るような暑さ」が体験できます。(笑)
サウナ系のむわぁ〜とした熱さに、毛穴の奥の奥から、染み付いておった濁りがにじみ出てくる。
それが、ねち〜、べた〜と、まとわりついて逃げても逃げても神経を食んでくる感じに心が滅入ってくるのです。

でも、このごろは思います。
この「気の滅入るような暑さ」は、シンボリズム探究の好条件であると。
「わたし」が、「ここ」で生きるために、必要な体感を得ている、と。
これによって、地上とこの体が結び付けられている、と。
posted by ミケ at 15:20 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月07日

3D速解き

わたしの数少ない特技の一つに、『3D速解き』というものがあります。
二つの微妙に違った絵を同時に見つめて、浮かび上がった別の絵を立体視する‥‥
という、あの3D画像。
私は、凸と凹、両方のパターンで瞬時解読できる達人です。
一冊を数分で解読できます。
たぶん全国の同級生の中では百傑に入ると思います。
これが受験科目ならば、東大でもハーバードでも、お茶の子さいさい‥ですけれど(((^^;

しかし、3Dを解いている人の顔って真剣なのに、まぬけ なんですよね。
先日も娘に「ママの顔、へん」と本屋で大声で言われてしまいました。
それでも時々は書店で訓練してしまいます。勘が鈍ってしまいそうなので。
刀も使わなくては錆びるっていうし。
(‥何で3Dごときにそこまで執着するのか…(^^;))


それでふと思ったのですが、二つの違う画像から別の画像を読み取ることは、夢解きと近いのではないだろうかと。
現実と夢をじっと見つめて別の意味を汲み取る‥‥うむむ、深いぞ、3D!
posted by ミケ at 15:19 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。