2005年03月06日

へその緒列島 にっぽん

三月になってもまだまだ寒い2005年啓蟄の日本列島。
雪で白くなった日本の国を、上から見たらどんなふうに感じるのでしょうか?
わたしのイメージでは「へその緒」。
白い粉の中に保存されているあのへその緒。

わたしは今でも、桐の小箱に入った自分のへその緒を保管しています。
母とわたしが繋がれていた証であり、地上とわたしが繋がれていた証拠でもあります。
地球のへその緒日本から、何が生まれるのでしょうか?
雪の下には、生まれるのをじっと待っている、何かがあるのかもしれません。
posted by ミケ at 16:29 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。