2005年08月11日

自分を愛すること 許すこと

暑い京都の夏。
祇園祭も終わり、あとはいよいよ大文字。五山送り火。

先日は、下鴨神社の足付け神事に行ってきました。
瀬織津姫に穢れを落としてもらい、気分はすっきり。

京の祭りに参加しながら、わたしの気づきと刷新の日々は、ますます加速度をつけています。^_^)/

今まで思い描いていたライフワークは、よりビジョンがクリアになり、ただそちらに向かっていくだけ‥‥ということもわかってきました。


二十代のはじめ頃、未来にいっぱい夢を描きました。
その頃のノートを繰ると、なんと今、ほとんどの願いは叶えられています。

(しかし、それによると、今頃、わたしは億万長者(爆)のはずだったのですが‥‥笑)

ライフワークの実りが、わたしにとってもっとも時間の掛かるもののようで、その件について、ようく考えてみたのですが、わたしは、十分に自分を愛してこなかったことに気づきました。

これは、大きな発見でした。
エゴもけっこう強いし(笑)、ちゃんと愛してあげていると思っていたのですね。
でも、自分を愛することと、エゴは似て非なりだったのです。

今までにもよく書いてきたことですが、シンボリズム探求、夢見の探求‥‥わたしは本当に3度の飯よりこのことを愛しています。

しかし、心のどこかに、好きなことを追求していることに後ろめたさがあったのです。
これはわたしの好き勝手な気ままで、それをわたしはさせてもらっているのだ‥‥って。


でも、この考えこそがエゴでした。

本当に自分を愛することに誠実でいるなら、後ろめたさを持つことはむしろ不実で、エゴにほかならなかったのです。

本当に自分を愛し、それを行うことを自分に許してあげること。

それは、他のだれかが言ってくれてもしようがないことだったのでした。
まずは、「私が 私に」そう言ってあげないと。


自分をきちんと愛することができないのに、人を、本当の意味で愛することなどできません。
自分すら養えない人が、他人を養うことなどできないように。
まずは、自分で自分の面倒をきちんと見てあげる。愛してあげる。
やっと、人としての本質的なあり方の原点を見つけた。そんな気分です。


そんなわけで、自分を「更新」させたわたしは、ひょっとすると愛しすぎて億万長者になってしまうかもしれません。(大爆!)

ミケさん、「お金のなる木」の種、純粋化に成功!(笑)
わたしのディスカバリー号は、宇宙に向けて放たれたばかりですっ!
posted by ミケ at 16:32 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。