2005年12月26日

生活こそがシンボリズム

クリスマスも終わると、お正月に向けての年末モード。
年末の一大恒例行事と言えば、大そうじ。
からだとこころは連動していて、おうちの汚れをとるうちに、一年の心の垢もとれてゆく心地がします。
また会社でも、そろそろ仕事納めで、職場のお仲間たちと大掃除する機会もあろうかと思います。
わたしは、職場で同僚と共に大掃除をする日本の慣習というのは、ええもんやなあ〜と思うのです。
和気あいあいと(もちろん黙ってモクモクと、でもいいのだけれど‥‥笑)テキパキと体をともに動かして、一年の埃を取ってゆく‥‥
お仲間とあたたかな連体感を育んでいる実感が、心にふと芽生えます。
 
おうちの大掃除もそうですが、家族とともにほこりを払い、協力をし合いながら、家をきれいにしてゆくとき、生活をともにしていることへの敬意が、知らずとも生まれます。
思えば、これは不思議な感傷。
家族がいること、家族であることのありがたさを改めて感じることができますね。

家族で過ごすクリスマスと「同じもの」が(いや、ひょっとしたらそれ以上かも‥‥^o^)、伝授される大掃除という年末イニシエーション(笑)。


だから、大掃除の日は、お父さん、お母さんだけではなく、こどもたち、おじいちゃん、おばあちゃんもみんな雑巾を手にとりましょう〜
 
会社の大掃除の日は、主任さんも係長さんも課長さんも部長さんも次長さんも、忙しい社長さんも、少しでも時間を作って、かけがえのないあたたかな年末のひとときと、終了後のスッキリ感を、ともに味わってはいかがでしょうか?

 
生活こそがシンボリズム。
生活こそがイニシエーション。
それをおざなりにして、何かを求めても、本末転倒。(笑)
本当に大切なことを、神さまは、わざわざ難しくしていないとわたしは信じています。
あたりまえの暮らしのことを、フツウに味わうだけで、それがちゃんと儀式になり、ハートで受け取れるようになっている。
必要なことは、いつだって足元にある! 
わたしには、そんなふうに思えてしかたがないのです。
posted by ミケ at 16:35 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。