2007年03月29日

天の神様 大地の神様

娘に「○○がうまく行くように祈っといてあげる」というと、「天の神様じゃなくて大地の神様に祈って」と言う。
「ぜったい大地の神様じゃないとダメ!」なんて何度も強調して言うからおもしろく思ってわけを聞いてみると、

「この前、天の神様に『ロト6が当たりますように!』とお願いしたら、次の日、違う事やけど先生に怒られたことがあったん。でも大地の神様に『明日の国語の宿題は作文にしてください』と頼んだら、ほんまに作文の宿題になってん!」


娘よ、それは天の神様でも大地の神様でも、結果はいっしょだったはずである。

まあなんというか、多少ズレていようが、体験から学んだことって、彼女の中で真実としてストックされてしまうようであった。
ある意味、トラウマができあがる瞬間を目撃した気分であった。
posted by ミケ at 16:40 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。