2008年03月15日

魔法にかけられた!

娘のリクエストで、ディズニー映画『魔法にかけられて』 (Click!) を二人で見に行った。
わたしは『ライラ…がいい』と言っていたんだけど、今回は娘に従って正解でした。いんや〜すばらしー、期待以上!…ってか、期待してなかったぶん、めちゃめちゃ掘り出し物的感動!娘の方は10年の歴史の中でベスト1と言っていたよ。いやあ、わたしも40年の歴史の中でベスト10に入れたいくらいでした。
それで、今さらながらわかった。わたしはどうやらミュージカルものがかなり好きだ。体からほとばしるように湧き出す歌とダンスが好き。(生涯のベスト3に入る『踊るマハラジャ』などは典型です、うん)
今回のは、ディズニーのお姫様シリーズのパロディが満載で、お姫様シリーズファンの人なら、虜になることを保証しましょう。夢と不思議とロマンスと冒険がいっぱい。恋する乙女はもちろん、恋するジェントルマンにもかなーりオススメの一本です。

わたしがもっとも心惹かれたところ。
おとぎの国から現実に飛び出してきたお姫様ジゼルは、はじめ「怒」という感情を理解していなかった。でも、生身の人間の世界で人と触れ合っていくうちに、彼女の中で怒りが目覚める。その瞬間がとってもイイのだ!身震いするほど素敵。彼女は、プリプリと腹を立てながらも、そんな新しい感情を味わったことに一方で歓喜して興奮していて、その表情が、そりゃあもうキュートでリアルで、ある意味セクシーでかわいすぎる。こんなお顔しちゃあ、殿方なんてぇイチコロン♪ だわよ。ほんま。
この素晴らしい一節、マイ映画史名シーンに、堂々と連ねますぜよ。これを見るためなら1800円は惜しくない。あたしゃたぶんもっかい見に行くでよ。DVDも買うでよ。(笑)
posted by ミケ at 23:57 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

おひな様の残照

昨夜、目を閉じたら、ベッドの隣にお雛様のひな壇があるようなイマジネーションにとらえられた。実際はキッチンに鎮座しているひな壇なのだが、目を閉じるたびに、なぜか眠るわたしの真隣におられる感じがするのであった。残像効果というか、やはりお雛様には迫力があって、こんな小さな家だから、家中に存在が響き渡っている感じ。
お雛様は、もともと身代わり人形からはじまって、女の子の成長を見守るためという起源がなんかわかる気がするなあ。この残像と響きのことではないでしょうか?

昔の早乙女達はもっと敏感だったと思うから、この残像を一年間くらい、感じとっていたのかもしれない。近くで守っていてくれている…という安心感を。本当に守ってくれる殿方が現れるまで、少女たちは毎年ひな人形を飾って、自分の身代わりと、そしてお守りとして、自らのアストラルに刻んだ…と言えるのかもしれない。
posted by ミケ at 23:57 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。