2003年07月11日

子どもは神秘の体現者

日曜の朝のこと。
お寝坊のママより早く起きる6才の娘は、着替えを済ませ、ベッドでまどろむ私のところにやってきて、何となく興奮気味にこう言った。


「わたし、いつも朝になると思うんやけれど、朝、起きると、おもちゃが新しくなっているように見えるんや。なんでやろ〜?ママ…」


興味深く聞いていると、彼女は続けて言った。


「おともだちも、そうやで。みいちゃんも、まやちゃんも、昨日まで遊んでけんかしてても、朝は、みんな新しいお友達に見える。みんなすっごいかわいらしいな〜って思えんねん」 


私は、ほんとうに感動してしまった。
娘は、眠ることで、毎朝「生まれ変わっている」のだ。
だから、朝起きると何もかもが新鮮に見えるのだ。


私は、こんなメルマガを出しておきながら、この朝の新鮮な感覚を、いつのまにか失ってしまっていた。
ギリギリまで眠り、お弁当を詰め、駆け足で通園&通勤電車に乗り込んでいる。
新鮮さを味わう余裕などみじんもない情けなさだ。


今ではそんなわたしだが、かつては、コレを経験していた。
というより、強烈に体験していた。


だから、娘の言ったことが、どんなことなのか、私は生々しく想像できる。
これが、三昧の境地と言うのだろうか?
静かな興奮をともなって、辺りがきらめいている。


「幸せでしかたがない」という状態だ。
強い強い、心の状態だ。


この時の輝かしさは、どんな言葉にもできなくて、言葉にすればするほど幼稚なものに変わってしまうよう。
私はときどき目を閉じて、言葉ではなくて、あの「感覚」を全身に呼び覚まそうとする。


彼女は、今、そうなのだ。
私は、感激で胸がいっぱいになる。
ああ、この静かなるものが、どうか生涯、彼女を励ましつづけますようにと祈る。


今、まさに、娘のまわりには神秘があふれ続けているのだろう。
だから、あの娘は、毎朝誰よりも早起きをして、一人でお絵描きを楽しんだり、おもちゃで遊んだりしていたのだ。


神秘性と現実的な歩みはしっかりと共存できる。
むしろ神秘性を追求すれば、現実的なものが、より色濃く感じられるはずなのだ。


私は、そのことを娘に改めて教えてもらった気がする。
こどもはマジカルの体現者。
夜の夢は、朝の生まれ変わりを約束する。
眠り自体がすでに神秘なのだから。


逆に言えば、神秘性が現実につながっていなければ、ましてや現実逃避になっているようであれば、それは神秘でもなんでもないと知っておくべきだ。
良くて、暇人の暇つぶし。悪けりゃ、病だ。


自分の神秘が、どっちに向かっているのかを知る簡単な方法が、

「今朝、新鮮であったか?」
「その新鮮さは、前日、喧嘩をしてしまった友(憤った人)へのこだわりを払ってくれているか?」

の一点を、常に自分に問いかけることからはじまる。


……と、あなたに話しながら、私も自分の衿を正そう。
私たちは「毎朝、生まれ変わっている」のだから。


posted by ミケ at 15:09 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。